洗顔料の選び方★洗顔マニュアル

しっとりお肌になる洗顔料の真実

しっとりお肌になる洗顔料って本当に良いのでしょうか?

最近は保湿や美白などの成分をプラスした洗顔料など、お肌の汚れを落とす以外の目的を追加しているものが増えています。

洗顔の目的はお肌の汚れを落とすことです。

保湿や美白などの成分もすすぎの時に流れてしまうので、しっかりと汚れを落とす洗顔料を選ぶようにするのがポイントです。

プラスアルファの成分が追加されることでお値段も高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

洗浄力があってお肌への負担が少ないシンプルな洗顔石鹸をチョイスするといいでしょう。

しかし、洗顔石鹸を選ぶ場合に成分や洗浄力以外にも注意する必要のある要素があります。

それは何かというと、【保管方法】についてです。

あなたの洗顔石鹸は【雑菌まみれ】になっていませんか?

石鹸置き

洗顔石鹸は一つの商品を1ヶ月くらい使うケースが多いです。

そのことを考えると、洗顔料は肌の脂汚れをしっかりと落とすことをもちろんなのですが、保管方法まで考えて選ぶのがポイントとなります。

固形石鹸タイプの洗顔料の保管は、お風呂場で石鹸置きに置いている人が多いかと思います。

この場合、石鹸箱に水が溜まったり湿気や汚れにより雑菌が発生してしまい、衛生面からみると保管方法としては良くありません

また、湿気や水分により、使ってもいないのに石鹸がどんどん小さくなってしまい経済的にみてももったいないことになります。

使った固形石鹸は使用後お風呂の外に出し「風通しの良い場所」で乾燥させる必要がありますが、これは結構面倒です。

どこに干すかや、濡れた石鹸を触るとまた泡がついたりと・・・いつのまにか元の石鹸置き場に戻ってしまうことにもなりかねません。

おすすめはチューブタイプやジャータイプなど、湿気や水分から洗顔料を守ることができるタイプのものです。

この場合、洗顔料は固形石鹸ではなくクリーム状のタイプになります。

衛生面・経済面・管理面などを考えると固形石鹸よりもチューブやジャーなどのパッケージに入っているクリーム状の洗顔料を使うのが便利でお得ということになります。

チューブタイプの洗顔石鹸はコチラ≫どろあわわ
ジャータイプの洗顔石鹸はコチラ≫長寿の里 つかってみんしゃい、よか石けん

他にもこんなページが読まれています。

人気の洗顔料はこちら
トルコリラ