洗顔のやりがちNG★洗顔マニュアル

やってしまいがちなNG洗顔方法TOP5

自己流洗顔方法でやってしまいがちな間違った「NG洗顔法」のTOP5はこちらです。

泡立てが少ない!

洗顔料の泡にはお肌の汚れを落とす以外にも、お肌との摩擦を減少させる役割があります。

泡が少ないと摩擦も増えて、お肌にストレスを与えることになってしまいますのでご注意を。

ゴシゴシこすり過ぎ!

洗顔のコツはゴシゴシこすって汚れを落とすのではなく、泡で汚れを落とすイメージです。

こすり過ぎると角層を傷つけてしまうことにもなりかねません。

すすぎが足りない!

汚れを落とす洗顔料も洗顔後にお肌に残るとお肌に負担を掛けることになります。

特に泡が残りやすい生え際やあごの下などは注意してしっかりとすすぎしましょう。

洗顔は短めに!

しっかりとお肌の汚れを落とそうと長時間洗顔をする方がいます。

洗顔料は洗浄剤でありお肌への刺激があることを忘れずに、1分程度で終えるように気をつけましょう。

泡立てネットの注意点

泡立てネットは簡単に泡立てができるので便利なことから利用する人が多いです。

そんな泡立てネットにも注意点があります。それは、水が少なくても泡立ちが良くなることです。

水分が少なくては、洗顔料の濃度も濃くなりお肌への刺激が強くなってしまいます。

適切な水分量を加えて泡立てを行いましょう。

他にもこんなページが読まれています。

人気の洗顔料はこちら
トルコリラ